紫外線以外の顔のシミが出来る理由

シミは紫外線以外でもできます。原因としては、ホルモンバランスの乱れやニキビ跡、皮膚をこすることなどによってもできます。ホルモンバランスの乱れが原因の場合は、頬や鼻の下、目の周り、額などに左右同じように茶色いシミができます。

30代から50代の女性に多くでき、淡褐色から暗褐色は肝斑と呼びます。肝斑は卵巣機能が低下することでホルモンバランスが乱れ出来やすくなります。そのため、妊娠や月経直前、月経中などホルモンバランスが乱れやすい時期に肝斑は目立ちやすいです。
ニキビ跡や火傷、かぶれ、皮膚の炎症によるシミは炎症後色素沈着と呼ばれます。日本人を含むモンゴロイドはメラニンが多いため、炎症後に色素沈着が起こりやすい傾向があるとされています。炎症後色素沈着の場合は、新陳代謝が活発であれば放っておいてもきえていくことがありますが、炎症の度合いが大きいほど色素沈着は酷くなり、消えるまでに数年かかることもあります。
皮膚をこすることが刺激となり、メラニンが発生し色素沈着が起こる場合もあります。肌の同じ場所をいつも掻いたりゴシゴシ擦ったりする癖がある場合には、シミができやすいため、注意が必要です。
他にも、遺伝的要因によりシミができる人もいます。

シミ 化粧品