ニキビ跡を簡単に消す方法にはどのようなものがある?

身体に発症したニキビを適切な処置を施すことなく放っておくと、いつしか皮膚の深くまで損傷してしまい、炎症が治まってもニキビ跡が残ってしまいます。これは肌が大きなダメージを受けたことによりターンオーバー能力を失ってしまったのが原因です。そこでニキビ跡を消すために大事なのは再びターンオーバーしやすい状態になるように促してあげることに尽きるでしょう。

まず皮膚科や美容外科などでレーザー治療やピーリングを受けてニキビ跡の皮膚表面を薄く損傷させ、そこからの自然回復力を引き出すという方法があります。この施術を何度か繰り返すことで新たな皮膚が生え変わっていき、徐々に症状が改善されていきます。そして、高周波などを照射してコラーゲンの分泌を促すという方法もあります。これもまた肌のターンオーバー能力を回復させてくれます。

また、同時に家庭で出来る簡単な方法としては一日2回の洗顔で皮膚の汚れを優しく除去し、なおかつ化粧水や保湿液でしっかりと保湿に努めます。こうしたケアを続けたり、あるいは食事やサプリメントなどでビタミンを補給することで同じく皮膚の回復力を高めることができるはずです。

ニキビ跡 化粧水